Power spot onda story vol.20-tidatokyo open story1-

1階Tidatokyoのopenに向かうストーリー1回目です。

営業しながらDIY、

DIYしながら営業。

BBQシーズンが終わると同時に入れ替わるように、1階オープンを目指していました。

9月が目標でした。

実際は11月15日に保健所の許可が取れた後になりました。

1階は、倉庫スペースとして使われていました。

ビルを運営していくにあたり、

「取り敢えずDIYで使うかも知れないから取っておこう!」

という頂き物で溢れかえっていました。

お店らしくするのは、物をどうするか?!

ヒト、モノ、カネ と三種の神器の話はよくされますが、このモノが有り難いことに溢れるくらいいただけるというのが、今でも続くこのビルの特徴。

タイミングが来て、はたと壊れたり、場所の占領をはじめたら捨てるというルーティンが続いています。

他の営業活動をしつつ、1階を準備しつつ、open目指して、山登りを続けていきました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です